犬を飼う心構えと病気から守るには?サプリメントは必要?

犬を飼うということは新しい家族を向かい入れる、そういう気持ちを持つことが大切ではないでしょうか?

大切な家族なので病気には特に注意してあげたいもんです。
病気の予防には食事が大いに関係してきますね。

犬を飼う心構えと病気から守るにはどうすれば良いのか?

食事で注意するポイントとサプリメントは必要なのか?

ブラッシングや歯磨きの重要性について紹介します。

犬を飼う心構えと病気から守る

犬を飼うということは色々としなくてはいけないことがあります。
可愛がりたい時だけ可愛がるという訳には当然いきません。

他人の迷惑にならないようにしつけたり、適度な運動をさせたりして、犬の健康を考えなくてはいけません。

病気になってしまった場合の医療費はとても高額ですし、予防接種を受けさせたり、トリミングをしたりと食費以外の出費もかなりあります。

経済的なことも考えて飼う必要があります。

犬を飼うということは、家族の一員になるということです。
犬は人間は違う生き物です。
伝えたいことが伝わらないことも多いでしょう。
感情に任せて怒ったりせず、可愛がり、マナーを教えていく心構えも必要です。

犬の体調を管理することも大切です。
病気から守るため予防接種は必須です。

狂犬病などの予防接種をしないと、犬だけではなくあなたや家族も命を落とすことだってあるのです。

そして、食事をしっかりとさせることも病気の予防には大切なことです。

食事の量・回数に気をつけ、犬にとって有害な物を食べさせないようにしましょう。

毎日お散歩をして、運動不足にならないようにしましょう。
運動不足による肥満がすぐに病気に繋がってしまいます。

また、運動をすることでストレスの軽減にも繋がります。
ストレスが溜まってしまうと、病気に感染しやすくもなります。

食事で注意するポイントとサプリメントは必要?

犬を飼う時に注意したいのが食事です。

健康でいてもらうためにも、食事は非常に重要です。

犬の食事で注意するポイントは、大きく分けて2つあります。

食事内容
ドッグフードではなく、私たち人間が食べるものをむやみに与えてはいけません。

私たちが食べられる物は、犬も食べられると思ってはいけません。
犬にとっては有害な食べ物がたくさんあります。

例えば、ネギやブドウ、タケノコ、ニンニク、イカ、香辛料、チョコレートなどは体調を崩す危険があるので与えないようにしましょう。

食事量
食事の内容もそうですが、食事の量は年齢や大きさによって異なります。

過剰に与えてしまうと肥満になってしまいます。

肥満になってしまうと、人間よりも遥かに体への負担が大きくなるので、気をつける必要があります。

サプリメントは無理に与えない
栄養バランスを整えてあげたいと思ってサプリメントを与えている方が多いですが、高齢の犬や病気の犬、体調を崩してしまっているなどでなければ必要ありません。

サプリメントを与えることで、かえって体のバランスが崩れ、病気になってしまうケースがあるのです。

特にカルシウムの過剰摂取は気をつけましょう。

骨に異常が出てしまう可能性があります。
一度骨の病気を患ってしまうと、大変なことになります。

犬を飼う、ブラッシング・歯磨きの重要性

犬を飼うことで忘れてはいけないのが、ブラッシングと歯磨きです。

食事や予防接種などと同様にとても重要なものです。

ブラッシング
ブラッシングが重要なのは皮膚病の予防です。

フケやノミ、ダニが皮膚に長い間付いていると炎症を起こしてしまいます。

これを防ぐにはブラッシングが有効です。

嫌がる場合もありますが、とても重要なものなので必ず行いましょう。

歯磨き
犬は歯の病気が一番多いので歯磨きはとても重要です。

歯周病や歯茎の炎症による感染症
にならないようにしてあげてください。

ほとんどの犬が歯磨きを嫌がります。
歯磨きの習慣をつけていくようにして、病気から守ってあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする