血圧が高くなる水とは?血圧が高い人が飲むべき水とは?

水を摂取することは私たちが生きていく上でとても大切なことです。

水は栄養素を体の隅々に運んでくれますし、体温の調節にも欠かせないものです。

また、体の水分が不足すると血流が悪くなり、免疫機能のバランスが崩れたりするので、健康には欠かせません。

しかし、そんな水でも生活習慣病を招く、血圧が高くなってしまうものがあります。

そうならないためにも血圧が高い人が飲むべき水とその効果について紹介します。

血圧が高くなる水とは?

塩素
水を摂取することはとても大切ですが、その水が高血圧の方や少し血圧が高めの方にはよくない水もあります。

それは塩素が含まれている水です。

日本の水道水は、無味無臭で安全でとても飲みやすいため、飲料水として使っている方は多いですね。

しかし、日本の水道水は水を殺菌しています。

そのため大量の塩素が含まれている水なのです。

塩素には血圧を上げてしまう効果があるのです。

高血圧の方は食事でも極力塩分を摂取しないようにする減塩法を行います。

これは食事に含まれる塩素が原因となって血圧を高めてしまうからとられる措置です。

沸騰
水道水は沸騰させれば塩素が抜けて問題ないのでは?と考える方もいると思います。

確かに沸騰させれば少しは塩素は消えますが、完全に無くすには長時間を要します。

塩素は煮沸しても全てなくなることは無いと考えるべきです。

血圧が高めの方は水道水を飲むことは控えるようにしましょう。

十分な水分補給
水道水を飲むことは控えても十分な水分補給は必要不可欠です。

血圧が高めでなくても日頃の水分補給は、私たちの健康にはとても重要なものです。

私たちは、毎日約2Lの水分を放出していると言われていますので、失った分は最低限補給するようにしましょう。

特に血圧が高めの方が、例えば運動などをして汗をたくさんかいた場合、体内の水分が失われるのはもちろんですが、それだけではなく、実は血液中の水分も失われているのです。

そのため、血液の濃度が高くなってしまいますので、十分な水分補給をしないと血液がドロドロの状態になってしまい、血管が詰まる病気を起こすことにも繋がります。

血圧が高い方が飲むべき水

オススメの水
血圧が高いと狭心症や脳梗塞、心筋梗塞といった色々な病気を引き起こします。

また、血糖値が高い場合もこれらの病気を引き起こしますし、糖尿病になりやすいです。

糖尿病になると様々な合併症を招いてしまいます。

血圧や血糖値が高くならないためにまず水を変えてみてはいかがでしょうか?

オススメの水はバナジウム水です。

バナジウム
バナジウムとは、鉱石の中から発見されたもので、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分の一種です。

人間の体内にもごくわずかな量が存在しています。

バナジウムは貝類や昆布、いわし、大豆、そば、卵、マッシュルーム、海藻、カニ、エビ、黒こしょう、パセリなどの食品に含まれています。

しかし、食品だけでは十分な量を摂取することが難しいです。

そこで、バナジウム水を飲むことによって手軽にバナジウムを摂取することができます。

日本では、バナジウムを含んだ天然水は、富士山麓の限られた地域でしか採取することはできない貴重な天然水となっています。

バナジウムの効果・摂取量

0408pana2

効果
バナジウムには血糖値や尿酸値を下げる効果があります。

糖尿病の方が血糖値を下げるのに使っているのがインスリンなのですが、これには血液中の糖を血管の外に出してくれる働きがあります。

これと同様の効果がバナジウムにもあるとされています。

また、バナジウムには血管内にコレステロールが蓄積するのを防ぐ効果もありますので、血圧が高めの方が摂取するのにオススメなのです。

効果を発揮するには毎日摂取することが大切です。

摂取量
バナジウムは、毎日の摂取量の目安は1.8mgだとされています。

市販されているバナジウム天然水で500ccのペットボトルのものだと、もちろん商品によって含有量は違いますが、0.03mg程度です。

なかには0.15mg程度と5倍も多く含んだものなどもあります。

血圧が高めの方や血糖値が高めの方は、バナジウム含有量が多いものを積極的に摂取するようにしてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする